ベツダイの資産活用

戸建賃貸

高いニーズと少ない供給量。
売却も比較的簡単な今注目の土地活用。

Detached House Rental

高いニーズに供給が追いつかない戸建賃貸市場。
今後の期待がふくらむ注目のマーケットです。

戸建賃貸の強みは希少性です。7割を超える人が「戸建住宅に住みたい」と希望するのに対し、
新築戸建供給数は、わずか2.2%(平成25 年国土交通省調べ)。
だからこそ、周辺相場よりも高い家賃で入居者を募集でき、また末長い需要を期待することができるのです。

戸建賃貸は、供給量が少ないので
借主が見つかりやすい

国土交通省のデータによると77%の人が「一戸建て住宅に住みたい」と希望していますが、現状、新築の戸建て賃貸の供給数は2%以下だといわれています。
つまり賃貸市場において戸建賃貸は非常に不足しているのです。供給過多となり空室率が問題となってきたアパート・マンション市場と比較すると、
入居者ニーズが高いにもかかわらず、供給量が極めて少ない戸建て賃貸市場は、今後期待のできる新しいマーケットです。

供給過多により空室率が平均で30%以上

賃貸住宅に暮らす世帯の
6割以上が2~4人住まい

現在、賃貸住宅に暮らしている世帯の大半が2~4人で生活するファミリー世帯であり、アパートよりも広いスペースを持つ「戸建住宅」での生活を希望していることが考えられます。
単身世帯は最寄り駅までの距離を重視しますが、ファミリー世帯の場合は、駅からの距離よりも周辺の生活環境を重視しています。 静かな住環境や公園の有無など、たとえ駅から離れていたとしても、ファミリー世帯のニーズにマッチする環境であれば賃貸経営を行うことは可能です。

円グラフ

「戸建タイプ」は長期入居が期待できます

アパートやマンションなどの共同住宅に比べ、長屋・戸建住宅は入居期間が長く、14年以上入居している方の割合が高いことが特徴です。戸建住宅の入居者層はファミリー世帯が中心であり、学校などへの通学の関係上、入居が決まれば短期間で退去することは少なく、入居期間は長期化します。長期入居が期待できるということは、家賃の安定収入や、引越し後のメンテナンス費などを抑えることにつながります。

住居入居年数調査

人気の「戸建タイプ」で長期入居率・高家賃設定

既存住宅とは一線を画す「エイジング加工」を施したスタイリッシュな外観と、快適な居住性を兼ね備えたコンセプト戸建住宅。

ZERO-CUBE賃貸仕様「R-ZERO」誕生

ZERO-CUBEシリーズのスタイリッシュなイメージはそのままにファミリー世帯にも十分な居住空間を確保。

人気の「ZERO-CUBE」シリーズに、
究極のマイサイズが登場

極限までムダを省くことで限られた空間を最大限に生かす驚きの居住性を実現しました。

ベツダイが誇る!圧倒的な商品力

ベツダイが全国展開するFC商品「ZERO-CUBE」等で培ったノウハウを活かし、商品開発した戸建賃貸の商品ラインナップを取り揃えています。

商品ラインナップは
こちら

不動産有効・資産活用
コンサルティングTOPへ